PROFILE
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECOMMEND
もちこの本棚
LINKS
OTHER


MOBILE
qrcode
<< 小悪魔ちゃん | HOME | しばらく……。 >>

▼ コメントに飛ぶ ▼

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -

本来は今週末はシナリオに追われてる
はずだったけど予定が延びた……。
来週はいろいろ重なりそうな予感

さてさて続けて観た『ダークナイト』
ノーランのバットマンシリーズ2作目になります。
当時も映画館で観たんですが、やっぱり今3作観た後で観直すと
また違う感覚がある。
今回はバットマンの敵役になるジョーカーがいるわけですが、
このキャラクターが魅力的なんですよね。
道化師の格好をしているだけあって、どこか動きも人形っぽい。
ジョーカーは超人でも何でもなく、ただの人間。
けれどもバットマンには持ち合わせない強力な武器がある。
それは、人を殺すことに抵抗がないこと、自分の命に執着がない、
守るべき人がいないことなど。
それはバットマンにとって、自らの戒めであり、戦うことの
意義でもあったりする。
だからジョーカーとの戦いには非常に苦戦するわけです。

ジョーカー役のヒース・レジャーはこの映画の公開前に
急性薬物中毒により28歳の若さで亡くなっています。
また、3作目である「ダークナイトライジング」の
プレミア試写会ではジョーカーと名乗る青年が銃を乱射して
70名もの死傷者を出す事件となりました。

何だかこの劇中のジョーカーに引き摺られているみたい。
ヒースレジャーは、不眠症で悩んでいたようですね。
鬱傾向もあったのかな。
でも私は、この3部作の中では一番好きです。
正義のヒーローからダークナイトへと、バットマンが
身を貶めるのもこの2作目です。
大人のためのヒーローものだなあ。
| 映画 | comments(0) | -
| - | - | -